事前に知っておきたい再建築不可物件の基礎知識についてご紹介しています

事前に知っておきたい再建築不可物件の基礎知識

再建築不可物件について学ぼう

そもそも再建築不可とは?再建築不可物件の定義

「再建築不可」とは、現在建っている建物を取り壊すと新たに建物が建てられないことをいいます。このような物件は「再建築不可物件」と呼ばれていますが、これは建築基準法による道路の問題と大きく関係があります。この建築基準法の規定やどのような場合に再建築不可となるのかなど具体的に説明したいと思います。自分の土地や気になっている物件がある方はぜひ参考にしてみてください。

再建築不可の中古住宅は売れないの?

再建築不可となった物件は、価値の低い土地とみなされ売却価格を相場よりも下げないと買い手は見つかりません。一般的な建築可の物件に比べるとマイナス条件の多い物件ではありますが、利便性の高い地域に多くあるのも特徴です。再建築不可物件に強い不動産業者は物件そのものの価値を上げるなどして、売却価格を下げること以外の方法でも物件を売るノウハウを持っています。どのようにして物件の価値を上げるのか具体的な方法を紹介していきたいと思います。

再建築不可の中古住宅はリフォームできる?

再建築不可物件を売るための方法としてリフォームがあります。築年数の多い再建築不可物件は、簡単なリフォームではなく基礎部分から工事をするリフォームになる可能性が高くなります。一般的なリフォームと違い専門的な知識や経験が必要となるため注意しなくてはいけない点もあります。再建築不可物件のリフォームの可能性とその問題点について紹介したいと思います。

再建築不可物件の売却と買取の違い

再建築不可物件を一般の物件と同じように売るのはかなり難しいことです。土地を手離そうと考えたときに、どのような不動産業者を選べばいいのか。それは売却と買取の違いをまず知ることでわかると思います。そして再建築不可物件を売る場合はどちらがいいのか。それぞれのメリットデメリットなど重要なポイントを説明していますので、ぜひ読んでみてください。

再建築不可物件の査定の流れ

再建築不可物件の相談から査定、引き渡しまでの流れを紹介したいと思います。不動産業者の買取となる再建築不可物件は売却の場合とは違い、査定や買取がとてもスピーディです。また、相談や査定に費用はかかるのか、など事前に知っておくと役立つことも含めて説明していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

再建築不可となる不整形地とは?

土地の形や建築基準法の規定から再建築不可となりやすい不整形地、既存不適格物件、接道義務違反について説明したいと思います。形の歪んだ土地でも、建築基準法の規定をクリアしていれば再建築可となりますし、接道義務を満たしていると思っていた道路が規定の道路ではない、ということもあります。再建築不可となる場合は見た目では判断できないことも多くあるのです。住んでいる家や持っている不動産、気になる物件などがある方には、ぜひチェックしていただきたい内容となっています。

再建築不可物件の有効な活用法と活用のポイント

なにかとデメリットが目立ってしまう再建築不可物件ですが、その活用にはいくつかおさえておきたいポイントがあります。固定資産税だけがかかってしまう、放置状態は建物の老朽化も早めることにつながる、もっとも避けたい状況です。住宅として活用する、収益物件としてリフォームする、そのまま資材置き場として利用するなど、活用法とそのポイントについてです。

再建築不可物件の売買にまつわるトラブル

せっかく安く手にいれた再建築不可物件だったはずなのに・・。おもいもしなかったようなトラブルにみまわれることもあります。「囲繞地」問題、「現況渡し」「境界非明示」「瑕疵担保免責」などの特約付物件にまつわるトラブルなど、参考になるような事例を紹介しています。

再建築不可物件が火事になったら?再建築不可物件の火災保険

マイホームを手に入れたら、火災保険に入るのが一般的なのですが、再建築不可物件の場合は入れるのでしょうか?保険に入るメリットや、その活用方法など、火災や火災保険と再建築不可物件にまつわる情報をまとめてあります。

再建築不可物件の買取に特化したおすすめ業者BEST3

総合評価第1位
第一土地建物株式会社 第一土地建物株式会社

査定から現金化までスピード対応が可能で、すぐに現金化したいという人のニーズに応えられます。

総合評価第2位
港コンサルティング 港コンサルティング

大阪を中心に不動産を扱っている会社。物件の買取を中心に、リノベーション販売を軸に事業展開。

総合評価第3位
Century21マーキュリー Century21マーキュリー

再建築不可物件に隣接する隣地を一括で購入するなど、高額買取を可能にする提案をしています。

ページのトップへ